読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩兵は一手にして成らず

コツコツ将棋を頑張る人のブログ

2016/01/21(229日目)にやったこと

5手詰将棋(1)の99-102の4問を解いた。

寄せの手筋(2)の61-70の10問を解いた。

 

うーん、これらの本は早いうちに終わらせてしまいたい。

 

81 dojoで対局。

f:id:pymeoa:20160122122811p:plain

本譜では3四飛と横歩を取ったけど、飛車を2筋に戻すのに手がかかっているのであまり得はしていなかったようだ。飛車先の歩を交換できたことに満足して大人しく2八飛とすべきだった。

問題はその後で、どのようにすれば良くなるかわからない、ほぼ互角の状況。8八玉と入玉すれば、囲いの堅さで勝っているから「相手の囲いが整う前に」攻めればこちらが優位に立てるはず。では、どう攻める?

 

あと気になるのは、昇級して気が緩んでしまったのか、よく考えずに指すことが前より少し多くなってしまった気がする。特に、角換わりの角交換までの流れでミスをすることが多い(銀以外で角を取ることになってしまったり)

考えずに指してミスして負けると、レートが下がるだけで上達しないので、よく考えて指しましょう。